サービス業っていう現場はつくづく

舞台だなぁ~って、考えてしまう時がある

 

そんな時間は必ずと言って良いほど

父から聞かされた言葉を思い出します

 

 

あれは確か… 17年ほど前のことだったと記憶している

 

 

仕事を仕事として正面から向き合い

そのいろはを飲み込むことができずに

いつまで経っても鳴かず飛ばずの私に

言ってくれた言葉です

 

 

「商売人は、役者でもあり演出家でもある!」

「お客様を楽しませることであり、その席を仕切ることが飲食店を営む者の使命だ!」

「お客様の喜ぶ姿がその場で、リアルに感じとることがデキるという醍醐味がある!」

 

 

この話をしてくれた父の姿は今でも鮮明に記憶している

 

 

最近、自分自身が現場に立つ機会が増えていて

その時、無意識ながらも意識していることがある

 

全ての活動の中で様々な役割があり、

その役割を演じる事ができなくっちゃダメっ!

 

 

今回は特に飲食店をモデルに綴りますが

その場合、役割を大きく分けると経営と営業

そして、営業中のホールとキッチンで分けることができる

更に細かく作り手と洗い場、接客とパントリーなどなど

 

掘り下げたら、いくらでも出てきそう・・・

 

そうそう、上記をすべて統括する方も必要ですねっ!

 

っと、まぁ

 

それぞれの役割の演じ方を説明するのは

大変長くなりそうなので

次の機会にしますけど・・・(笑)

 

ある程度、どの役割でも共通していえること

私が日頃、現場に立つ時に気を付けている事やアンテナ

(ってか、あくまで持論ですので、万人受けするとは言いませんよ(笑))

 

そのアンテナはどの様なものかといいますと

 

 ☑お客様との距離感と温度差

 ☑いつ如何なるときにも店舗の外から自分の立ち振る舞いが試されているという危機感

 ☑「おもてなし」を常に意識し考える

 ☑お客様の雰囲気から体調の良し悪しにあたりをつけ、その場に合った対応を考える

 ☑気にかけて欲しくないオーラを感じたら気をかけてない振りをする

 

そんな事を常に意識し活動をしております。

 

 

あと、忘れてはならない基準があって…

 

目の前のお客様が、もし自分であったとしたならば…

 

っと、いう感覚を常に持つこと

 

☑自分がやられたら嫌だなと思うことは絶対にしてはいけない

☑自分がおいしいと思えないものは絶対に出してはいけない

☑自分がうれし楽しく感じない事は押し付けてはいけない

 

って、基準があると数多くの選択肢の中で

間違ったチョイスをしなくて済みますよねっ!


つづく