そんな密かな人気商品の秘密⁉︎

昔、親父が作ってくれた「玉子まぜ麺」の記憶が  「かまたま」の原点。


昔、親父が作ってくれた"お・や・つ"の玉子まぜ麺がヒントとなり生まれました。
そんな懐かしい記憶が「かまたま」の原点。


学校から帰ってすぐにやらなくてはならない宿題を放り投げ

自らの欲求のままに近所の友達と夕方遅くまで遊び

半ベソかきながら、店のカウンターで憂鬱な宿題に向かう

私の父も母もうるさく「勉強しろ!」という方ではない


しかし、


「最低限やるべきことはやりなさいっ」っていう両親でした

そんな、こんなで

私がグズグズ言いながら宿題を終わらすと・・・

絶妙なタイミングで父が作って出してくれたのが

「玉子まぜ麺」でした。



ゆでたての麺からはモワッと湯気が立ちのぼり

その湯気は心地よくごま油の香りを運んでくる

湯気の隙間からはツヤツヤ輝く玉子がのぞいていた

父がつくる醤油ら〜めん用のかえしを全体に折り返しかけ
味付けをされていた「玉子まぜ麺」は
麺の一本一本が輝いていた



玉子の黄身を箸で割り、麺をまぜるとさらに、湯気は立ちのぼる

湯気にのるごま油の香りがより一層、食欲をかきたてる



その麺を口に運べば「ほらっ!」

もうイメージがつくでしょ?(笑



そうっ! 玉子が"とろ〜り"と麺にからんで


  胡麻の心地よい甘み

  玉子の深いコクと口当たり

  かえしの香ばしさと後を引く旨味


スープはないけど、スルスルと食べられるし食べ応えのある感じ

半ベソかいてたはずが、いつの間にか笑顔になっていた記憶。。。



いつの間にか、笑顔になっちゃう「玉子まぜ麺」を

もっと、もっとたくさんの人に味わって欲しくって


記憶を掘り下げたどってた原点をベースに
私の想いをのせてアレンジを加えたのが



今、紅釜にある「かまたま」です。



自家製の肉味噌と玉子との相性抜群。

味のベースには紅釜オリジナル醤油ダレを使用。


密かにリピーターが続出。


密かに、いつの間にか笑顔になっちゃう人気商品です。


今日はそんな密かな人気商品の秘密のお話でした。


今日も飲食店に多くの笑顔があふれます様に…


岸野昌史



PS.「かまたま」の〆は残った玉子ソースをご飯にかけるTKGが最高です☆

PPS. TKGとは玉子かけご飯のことです(笑



~~多くのラーメン店、飲食店に笑顔が溢れますように~~


     飲食店経営の可能性を最大限に活かそう

     たかがラーメン屋、されどラーメン屋...
     ラーメン屋だからこそ出来ることがある!

Follow me!