ローカル立地で持続力みなぎる店づくり:接客編 1.02

ローカルな立地で生き抜いていくために

「また来てね!」と

自信を持って言える『おもてなし』してますか?

ちょっと簡単そうに

質問してみましたが・・・(^^;;

そもそも『おもてなし』ってなに?

そんな風に考えたあなたっ!

そんなあなたのために

ちょっとだけ、説明すると…

 

ほんっと、ざくりですが

『サービス』ではなく

『ホスピタリティー』です。

しかし、ホスピタリティーと言っても、

日本の「おもてなし」とは、

ちょっと違う気が・・・

どのように違うのかというと 

「もてなす人の心」が

色濃く反映されている

この心こそ、日本の

「おもてなし」ではないでしょうか?

日本の「おもてなし」

それは、

目配り、気配り、心配り

茶道でよく表現される

“侘び寂びの心”です。

それは

主張し過ぎない控えめなものです。

お客様をお迎えするに当たり、

心をこめて準備をしたり、

目に見えない心を

目に見えるカタチに表現したり、

その努力や舞台裏を

表に出さずに

主張もせずに

もてなす相手に

余計な気遣いをさせないこと。

これが、

「おもてなし」の本質だと考えます。

仲間を大切に思う心を言葉や態度、

社内、お店のしつらえに表すこと!

これが大切だということです。

どうしたら、お客様に

喜んでいただけるのか 

幸せな気分になっていただけるのか

満足感を感じていただけるか

と、いうことを

常に考え行う活動の一つ一つが

「おもてなし」であり

最高の心遣いです。

さて、

あなたは今、

「おもてなし」と言うものが

どのようなものかを理解できましたよね?

そこで、再度お尋ねします。

「また来てね!」と

自信を持って言える『おもてなし』してますか?

どうしたら

今、目の前にいらっしゃる

お客様に喜んでもらえるのか?

そのことに集中して

一瞬足りとも欠かさずに

お客様のことを考えて

行動をすることができていますか?

◇お客様がいる目の前で(お店の中にいらっしゃる時に)

スタッフ達だけで、内輪の話で盛り上がるような私語は絶対にダメです。

◇お客様の求めているものに気づくことができ、

すぐに対応できる体制を整えていなければダメです。

◇ご来店時に「いらっしゃいませ」って言うのは当たり前。

気持ちを乗せて、心が伝わる暖かさがなくてはダメです。

※気持ちが乗っていたら、簡単に「いらっしゃいませ」

だけでは終わらないはずです。

◇オーダーを受けるときは一つの商品に対して、

その都度ひとつひとつに

「ありがとう」が伝えられなければダメです。

◇商品を届ける時の気遣いだって、

相手によって声の掛け方が

変えられなくてはダメです。

※小さい子がいたら「熱いからね~。気をつけてね~。」

と言いながら、お母さんの近くに置くようにしたりしますよね?

◇お客様とコミュニケーションを取る時だって、

それぞれのお客様に対して工夫が必要です。

 ∣

 ∣ 丁寧な受け答えも大切ですが、時には・・・

 ∣

 ⊦ 時には気さくに、時には共感し

 ∣ 時には励まし、時には聞き役に徹し

 ∣ 時には笑い飛ばし、時には冗談も言う

 ∣ 時には毒舌に、時には物申す

 ∣

 ⊦ 相手に合わせた声がけに工夫をしていくことが大切です。

※決して馴れ合えと言っているわけではないですよ(笑

お客様のことを第一に考え

お客様を幸せな気分にさせようと

本気で考えて行動したならば

レジで商品を打ち込む時だって、その一つ一つに

「ありがとう」って、自然に声に出ませんか?

お客様が店を後にする時の

「ありがとうございました」のかけ声だって

簡単に済ませていてはダメでしょ?

心からの「おもてなし」の気持ちがあるならば、

もう一声がかけられるだろう。

仕事の流れが緩いなら、

外まで見送ることもできるだろう。

仕込みも大事だが、お客様が店を後にする

その瞬間にはもっと大事なものがある。

◇その瞬間に、二度はない。

◇店員とお客さま。この関係をしっかりと心得た上で

適切な距離感を保つことも大切。

その上で「また来てねっ!」って、言うのです。

これができたら、

絶対にまた来店してくれます。

ついでに、

私は「また、明日っ!」って言います。(笑

私がお客様のことを考えるときには

ひとつのルールがあります。

私自身が、その時、その瞬間、その場の

目の前にいらっしゃるお客様であったなら・・・

どうされたら、嬉しいか?

どうされたら、腹立つか?

な~んて、

考えたり、自問自答します。

すると、自然に答えは出てくるはず。

【まとめ】

自信を持って言えるように

毎分、毎秒、

一瞬一瞬をお客様のことを

真っ先に考え、

考え抜いて、

その時、その瞬間、

その場にあった言葉をチョイスして

心配りや行動判断に

つなげていきたいものですね。

今日も飲食店に多くの笑顔があふれます様に…

~~多くのラーメン店、飲食店に笑顔が溢れますように~~

飲食店経営の可能性を最大限に活かそう

たかがラーメン屋、されどラーメン屋...

ラーメン屋だからこそ出来ることがある!

  

岸野昌史

//////////////// 日々刻々事毎感謝   ////////////////

らーめん紅釜

~手作りする「心」、感謝する「心」

         「心」を継承し繋いでいくこと~

Mail:rbg@benigama.com

WEB: https://www.benigama.com/

/////////// らーめん屋の 未来を想像する   //////////

RDR  response design research

~人と人がつながるデザインの創造~

Mail:rdr@responsedesignresearch.com

WEB: https://prt.nu/0/RDR:responsedesignresearch

/////// 感謝の心と感謝の言葉が未来を紡ぐ~////////

株式会社べにがま

感謝の「心」が人を店を会社を成長させる!

Mail:rdr@benigama.co.jp

WEB: https://benigama.co.jp/bg/

////////////////////////////////////////////////////

株式会社べにがま

代表取締役 岸野昌史

〒355-0813

埼玉県比企郡滑川町月輪439-1

電話:0493-81-3111

携帯:090-1609-6901

Follow me!