飲食店の悩み事

飲食店のテイクアウト事業について⑤

前回の記事の締めくくり

そのための情報発信であり、その情報発信を束ねていくのがWEBサイトだと考えています。必要な情報を必要な時に発信する。その基盤づくりを今だからこそ進めて欲しいとおもいます。

ということで、今回は私の情報発信の記憶をお伝えします♪

実は、私のお店では2018年の8月あたりから2019年の8月まで昨年対比30%近く業績を落とした月がありました。
2018年の末あたりには「このままじゃヤバイ!」って、感じていて何とかしなくては…って状況で正直笑えなかった。

今だから、ちょっと笑えるけど(^^;

さてさて

それまでは、情報発信チックなことは色々やってはいましたが
1ヶ月に1〜2回程度でした。

正直な話、1ヶ月に1〜2回程度だと結果が出ているのかどうだか
よく分からなかったのが事実。

で、何をしたかと言うとダイレクトマーケティングと
コピーライティングの講座を受講したんですね。
私、独学好きなんで(笑

で、何か役にたったかと言いますと・・・

文章をつくるバリエーションを学ぶことができました♪
そして、本当にある本物であればこそ活きる技術なのだと言うこともハッキリと理解することができました(笑
どう言うことかと申しますと・・・

なにかメッキみたいに良い事ばかりで塗り固められた商品のセールスコピー、
サービスなんかもそうだけど、企業や人物を過大評価した様な文章では意味がなく、そんな文章ではむしろ人が遠ざかっていくってことを学びました。

だから、ウソは書けないってことなんです。

目の前にある本当のこと。
本物と感じるサービス。素敵だと思える人物。素晴らし企業。
そういった、本当の心意気が込められていればこそ!
そこからうまれ創られたコピー(文章)には魂が籠り、

誰かの心に響くんですね。

なので私がWEBサイトのお仕事を受ける際、名実ともに固められた何かであったり、光り輝く何かがあるか。また、依頼主さまが誠実で真っ直ぐな方であるかを条件にしています。

そうでない方の仕事をお受けしても、私の気持ちがどこか上滑りする気がして…
結果としても上手く行った試しがないのでもう受けつけません(笑)

話がそれてしまいましたので戻します。m(_ _)m

「1ヶ月に1〜2回程度の情報発信ではダメだっ!」って思ったあたりから徐々に情報発信の回数を増やし、毎週決まった曜日に記事を投稿する習慣をつけていきました。すると、読んでくれていた方がお店に来てくれる様になりました。
この様に毎週決まった曜日に情報発信することができれば徐々に情報発信に対する結果がみえてきます。

結果がみえてくれば、その日の来店客数の+@があったと
感じることができたならば、絶対に情報発信は必要!
そうおもいませんか?

まぁ、そんな事しなくても稼げていらっしゃる
お店や企業さんもあるでしょうから一概には申せませんが・・・

でも、少しでも業績を伸ばしていきたいと感じているお店なら、企業なら、
少しでも今後の業績に不安を感じる方なら、
絶対に「今からでもやるべき!」ことだと考えています。

これから来るアフターコロナに向けて、その時に優位にスタートできる様に
今から準備が必要だと私個人としては考えております。

アフターコロナになってからのスタートは出遅れています。

今です!今!
チャンスは今!

情報発信は一度基盤をつくってしまえば、後の経費はほぼかからりません。
是非、今からその基盤を整えておきたいものです。

私はそう考えています。

次回は私が考える情報発信の基盤づくりをお伝えします

飲食店のテイクアウト事業についての最初の投稿

2020年4月7日の緊急事態宣言を受けて私の運営幹事している飲食店
「らーめん紅釜」では営業を自粛という形で臨時休業とさせていただいております。
では、4月8日からの約1ヶ月もの間に何もしていなかったのかというと
そういうわけでもなく、Googleサイトを活用し近隣飲食店の皆様の
テイクアウト事業を情報発信をボランティアというカタチで
お手伝いしておりました。
その際に感じた事をお話していきたいと思います。
トータル的に言えること・・・
・情報発信を行う必要性を感じていらっしゃらない事業主の方が多い
・どのSNSを活用したら良いかわからない
・記事の書き方やどんな写真をあげたら良いかわからない
・ブログとSNSどちらを使ったら良いかわからない
・Googleマイビジネスの管理の仕方がわからない
・そもそもGoogleマイビジネスを知らない
っと、いった感じの事業主様が多い様です。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です